スポンサーサイト

  • 2010.12.27 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


特別映像コーナー(一ヶ月限定)

連続での投稿になります、れいせんです。

はいどーも
(=・ω・=)ノ

ただいま渋谷ナムランにて今月だけロケテやってまして、2戦目のリプレイモニターの動画を全国大会のやつみたくyoutubeにアップできるんですよ。
名前が出ないので誰がどれかは称号とかで見るしかないんですけど、対戦相手には優しい仕様になってますね。

ということで、金曜日に貸切やってたんでそれの動画をちょっと紹介。

ようつべに行って、検索の部分に英数字の検索ワードを入力すると出てきます。
保存期間は1ヶ月、ローカルへのダウンロードはおそらくできない。

んだば興味ある人はちょっと見てみてくださいな。


ザクタンク拡散うまうま味方ゲンナリ
検索:9tv13z
ジオン
貸切メンバー(れいせん、ジン、ゆだ、ファンシー)
俺の拡散が10発くらい撃ったのが全HITして笑い(そして味方の悲鳴)が止まらなかったという試合。ザクタンク最高!!


渋谷お気楽4バー
検索:v3gx21
ジオン
夕食後メンバー(れいせんゲルG、きのこザク改、Sai旧ザク、ニーパルギガン)
その日のラスクレ。
終電ギリギリまでやってた中での最後の試合。
個人的には火力ないチームがどうやって勝つかっていうのをけっこう精一杯考えて動いてた。
おかげで風邪引きましたw


vs立川
検索:zgktyy
貸切メンバー(れいせん、ジン、ゆだ、ファンシー)
なにやら八王子かどっかでけっこうな人数集まってるとことあたったらしい動画。
なんで俺の撃破シーンはカットされたのか、いまだに謎。
ひとまずゆださんがさりげなく無言で1割まで持っていったライタマに狩られたのが見所。


とゆーことで動画紹介でした。
んだば
(=・ω・=)ノシ

NYジオン編成例。

はいどーも(=・ω・=)ノ
連邦だけ書いて4vs4に突入したら怒られそうなので頑張ってジオンも書いていきます。

ジオンの場合の考え方も連邦とあまり変わらないですね。
4vs4において格闘機は要らないと思います。しかし雛壇があることと、シャゲが敵のジムカスと同コストである280であることから連邦でプロガンを入れるよりは実用的かなと思います。

それから5vs5以上になると格闘機を入れるというのも同じです。
この辺は前日記参照です。

では本題へ。

《ジオン》

4vs4編成例。

・近3編成その1

高ゲル(青2クラッカー)×3
ギガン(青2〜6拡散)

(編成の意図)
タイマン×3でそれぞれが敵の前衛と戦い、各個撃破を狙う。
純粋に力が勝っていればかなり安定する編成。
コストが1000であるためジムカス×3編成と同じく2拠点と全員の1落ちでコストが消滅してしまう。
それ以外は何も弱みのないかなり強い編成。


・近3編成その2

高ゲル(青2クラッカー)×2
ザク改(青4マシAハングレ)orデザクor寒ザク
ギガン

(編成の意図)
これはザク改の場合、純粋にコストを1000以下にするためにそうしている。
グフカスでももちろん構わない。
それで全員1落ちしてもコストが消滅することはないという編成になる。
デザクや寒ザクにした場合は、1アンチで敵の3拠点だけ止めて1落ちしても良いというポジションで、護衛側の高ゲル2枚がプラスを生んでくれるように期待した4バースト用の編成である。
野良では3拠点狙う狙わないという概念がほぼないのでデザクや寒ザクは封印していいだろう


・格1編成

高ゲル(青2クラッカー)×2
シャゲ(N)
ギガン

(編成の意図)

真ん中にシャゲを入れて、雛壇の制圧力を高めたり、強制2アンチに向かわせて相手タンクへの圧力を高めたりするのが目的の編成。
相手にプロガンが居た場合にはそのプロガンとの戦い次第で戦況が大きく変わることや、相手が3近だった場合にかなり仕事がしにくいといったデメリットが見られる。
そもそもBRの火力に頼った攻撃スタイルでないとただのカモで終わってしまうので、シャゲには相当な腕が要求される
それでも全員1落ちした場合には2拠点でコスト消滅といった部分もあり、味方に負担をかける編成であることは意識しておきたい。



続いて6vs6での編成ですが、これも連邦の時の考え方と一緒です。
基本的には護衛側でコストを安めにして、アンチ側で高コストを使う。

NYであれば、雛壇があるので護衛に格が欲しいところです。
さらに雛壇の脇の通路にも近距離が欲しい。
2護衛するのであれば近近もしくは近格でいくのがいいでしょう。

そしてアンチ側にも格闘機か射撃機のような高火力機が居て欲しいところです。
3アンチするのであれば近×2&格or射がバランスがいいでしょう。

総合すると、近×3〜4、格1〜2、射0〜1と遠が1というのが柔軟に対応できる編成だと思います。

1つ編成例を出すとすれば

護衛側
ザク改(青2マシAハングレ)
シャゲ(赤3)
ギガン(N拡散)

アンチ側
高ゲル×2
シャゲ(N)

といったところでしょうか。
タンクに雛壇に行ってもらい、敵が3アンチをしてきたらアンチ側の高ゲルが1人枚数合わせに向かってもいいし、タンク自身が右からの進行に変えてもいいし、雛壇にさらにシャゲを向かわせて乱戦したら絶対勝てるというプレッシャーを与えて拠点を取るのもいい。
枚数が合えば、拠点が確定したところで護衛側のシャゲを切り離してアンチへ向かわせたりといった展開作りもできる。

とにかく雛壇の制圧のためには格闘機は必須なので、護衛側に格が居ない場合は雛壇の制圧はゆっくりゆっくりにするか、諦めた方がいいかもしれない。

射撃機体で入れるのであれば、個人的にはゲルキャがオススメですね。
使いやすさとコストパフォーマンスを考えると、サイサバズBのような不安定さのある機体よりも結果が出しやすいと思います。

8vs8についても似たような傾向があって、連邦よりも格闘機は1機くらい多く居ても戦いやすいのがジオンの特徴だと思います。
雛壇の存在によるものなので、NYRであれば連邦が格闘機多めにしてもよいという風に読み替えてください。


とりあえず簡単ではありますがここまでで一旦お話を区切らせてもらいます。
明日の4vs4で活かせるようなことが少しでもあったらうれしいです。

でわでわ(=・ω・=)ノシ

NY連邦編成例。

 はいどーも(=・ω・=)ノ

明日はNY44ということで今日までには書いておこうと思って頑張って書いてます。
今日の内容は一番ズレの起きる内容だと思います。
おそらくAクラスではまったく違うし、そしてSクラスでも同じ意見を持っている人はあまり多くないでしょう。そんな内容をこれから書いていきますので、あまり鵜呑みにしないで読んでみてください。


《連邦》

基本的に4vs4では格闘機は要りません
ピクシーなんてもってのほかです
相手が高ゲルしか居なかった場合に何もできないので、近3がド安定です。
その場合、高ゲルを想定しているのでコスト200以下の前衛はあまり使いません


基本的には5vs5から格闘機を使います
6vs6で1機か2機、8vs8で2機か3機といったところでしょう。

とりあえずここで2つだけ4vs4の編成例を書いてみます。


・近3編成例その1

ジムカス×3、ジムキャ。
ジムカスは2機がジムライハングレ、1機が寒マシバルカン。
ジムキャはビームスプレー、パンチ。

(編成の意図)
まずはタイマンで高ゲルに負けない装備であることが基本。
高バラが1発でよろける装備を軸にして、格闘機がいないことは寒マシバルカンコンボをちらつかせたりタンク処理に使ったりといったことで火力を補います。
寒マシもバルカンもダウン値が低いので味方が斬ってる際にかぶせても良いし、タンク処理用にコンボを持っているのでタンク処理も遅くないです。
しかしある程度はなれた位置の相手の着地をとってもあまりダメージが取れず、延々と高ゲルとタイマンをされたらジリ貧になるのでマンセルを組むのがいいでしょう。
そのため、配置としては左と右にそれぞれ護衛用アンチ用のジムライ装備を置き、真ん中に枚数あわせとして寒マシ装備とするのがいいでしょう。

開幕5カウント後くらいの配置図を画像で置いておきますね。
紫が前衛、赤がキャノンです。






ジムキャのスプレーも高バラ1発よろけなので、自衛力に自信がある人は持っていっていいと思います。犬キャ(白ジムキャ)のスプレーは高バラが1発でよろけないので使いません。
スプレーが高バラに対して強いので、護衛カスタムとマンセルを組んでスプレーHIT→カスタム格闘3連等もいけます。

弱点としては、寒マシ装備が上手い人じゃないとダメージ源にならないし事故率が高いことと、コストが1000ぴったりなので2拠点と全員1落ちでコストが飛んでしまうことです。
誰かが0落ちをやるか、相手のゲージを先に飛ばすかしないと負けます。


この場合に装備を変えるとしたら

ジムカスの寒マシバルカンをジムライハングレに。
ジムキャのビームスプレーをハングレに。

くらいです。

(理由)
どうせ対前衛にも寒マシコンボができないのであればそれを入れる理由はないですし、野良同士であればマンセルを組もうとして事故がおきやすくなります。それならば自分自身がタイマンで相手を取れる確率を上げた方が勝率は上がるので、ライフル装備にしましょう。
一瞬だけ2対1を作ってスイッチをする等の動きがしにくい野良同士では寒マシで行くのは危険ともいえます。

ジムキャの装備は、単純にビームスプレーに慣れてるかどうか、気に入るかどうかという点ですね。
スプレーは撃つ度にサブに持ち替えているため、パンチや拠点弾への持ち替えが発生します。
サブ→メインと持ち替えるとDAS特有の持ち替え時間が発生するため、必ずサブ→格闘→メインと経由させて持ち替える必要があります。
そうすることで持ち替え時間は防げます。
ハングレはスプレーと違って持ち替えが発生しないので、格闘にいくときも拠点を撃つときも困りません。しかし護衛とマンセルは組めないのでそこはスプレーに劣ります。



・近3編成例その2

ジムカス×2、ジム改、ジムキャ

ジムカスはジムライ固定
ジム改はジムライと100mmB
ジムキャはパンチとスプレーorハングレ

(編成の意図)
総コストが1000未満になることで全員1落ちした場合のコストが飛ぶのを防いだ編成です。
先ほどの寒マシ装備のジムカスの位置にジム改を入れ、マンセル狙いで動きます。
役割としては変わらないですが、高ゲルと相打ちになったときのコスト勝ちや、最終的なコストの消滅を防げることがあるという意味で入れる価値はあるかと思います。
もし2護衛になった場合、100mmBが拠点に対して有効なことを忘れないようにしましょう。
戦場が敵拠点に近ければ拠点攻撃を手伝えます。




次に6vs6での編成例を。
ここで注意して欲しいのは、人数が増えれば増えるほど編成の幅が増え、色々な編成で勝てるようになるということです。
この編成がいいよ!という意味ではなく、この編成でも勝てるよ。という意味で見てください。

必ずこれにする必要はなく、意図を読み取ることで他の編成をやるときにも参考になる、応用がきくということです。
なので、ここで大事なのは編成の機体ではなくて編成の意図なのです。
それはもちろん4vs4、8vs8でも言えます。



・格1編成例

護衛側
陸ガン(ブルパマルチ)
ジムカス(ライフルハングレ)
ガンタンク(Nセッティング拡散弾)


アンチ側
ジムカス(ライフルハングレ)×2
プロガン(赤2BR、ガンハン)


3アンチ固定で、敵が4護衛なら護衛側からジムカスがさらにアンチへ回る。
相手が2護衛だったら3アンチのまま強行して敵タンクやMS回収、その間の2護衛側は無理せず被弾をさけることだけに集中。その際ガンタンは無理矢理拠点を撃ちにいき、1機引っ張ることで味方護衛の負担を減らしつつ拠点を撃つもよし、撃てる場所まで進めなさそう(相手アンチに高火力の格が居たりする場合)であれば、一度下がって右側に回り、味方アンチ側が押し込んだ後ろからついていけばよい。

(編成の意図)
無理に拠点を撃つ場合のお供として死にに行く役目は陸ガンにしてコストを抑えることで、敵拠点をとってもコスト負けするような事態を少しでも避ける。護衛側でも、ジムカスは無理しない、陸ガンは無理してでもタンクを斬らせないor斬られたらマルチでカットするという動きでメリハリをつけます。
こちらは拠点を取るまでに損失するコストを拠点分より抑えることでコストプラスを生み出すのが目的です。


逆にアンチ側は、枚数があっていれば拠点をあげてもいいからMS戦でコストをプラスに。まずは死なないようにして相手を削ることに専念します。
MS戦で腕が勝っていればまず負けない機体なので、自分が死なずに相手をとることによるコストプラスを狙っていきたいところです。



・格2編成例

護衛側
ジムカス(ライフルハングレ)
ピクシー(ダガーBorマシB)
ガンタン(赤2拡散弾)

アンチ側
ジムカス(ライフルハングレ)×2
プロガン(赤2BR、ガンハン)


(編成の意図)
基本的には先ほど書いた編成のものと一緒です。
しかし今回は枚数が合っていた場合に護衛側での動きが少し違います。
ピクシーがいるだけで相手に威圧感があるので、ピクシーは無理に噛みに行かずにゆっくり動きましょう。
相手から来てくれれば相手が高バランサーであってもマシBからのQSやダガーBの8連撃があるため、いくらでも戦えます。
この場合には、護衛側で死んでいいのはピクシーとガンタンクだけで、相手のアンチ機体を取っていないのであればジムカスは生き残らなければ拠点をとった時にコストプラスを生み出せませんので注意が必要です。
そしてピクシーが死ぬタイミングとして、こちらが拠点を落とすのが早いのであれば自タンクが拠点を落とすのを確定させた時点でわざと死んだり(体力が半分以上あれば下がったり)して、アンチ側へ素早く移動しましょう。
そうすることで相手の護衛側の機体を回収できる確率が上がります。


そもそも、ピクシーという機体が高難易度のためよっぽど上手い人でない限りあまり機能しない作戦だと思います。ですが、今回新機体として出てきたので編成に組み込むとしたらこんな感じかなと思って書いてみました。



8vs8はもう編成とかありすぎて大変なことになるので、省略しますw
書くとしても意図は同じで、護衛側は安く、アンチ側は高いMSで死なないようにというのが基本です。
8vs8になると2タンもやりますし、ガンタン赤6が基本だったりとか、陸ジムがアンチ側にいて必ず枚数有利になるようにして、お肉特攻させてみたりとかやってます。
しかし編成例を出してこれオススメ!というのはあまりなかったりしますので、今回は書きません。
ただ、8vs8において全員が200以上のコストに乗っているようだとちょっとつまらないとは思います。
もしバーストメンバーが多い場合であれば、役割を決めたうえで陸ジムやジム、F2などを使ってみてもいいのではないでしょうか。
その場合、アンチ側に安い機体を入れるのはバーストメンバーが多いときだけにした方が無難です。
野良で連携が取れないままただ死にやすいだけで上手く機能しないのは明白です。

8vs8くらいになると、アンチ側で安いコストを入れてアンチを強くして、敵タンクを延々回収し続けることで拠点を取らせないという戦い方もできるので、それもまた考えてみてください。
それからエースが居れば射カテに頼ってもいいと思います。

とりあえず連邦はここまでにして、次はジオンを書こうと思いますー。
でわでわ(=・ω・=)ノシ

NYジオン護衛編(NYR連邦護衛編)

 はいどーも(=・ω・=)ノ
今回はNYジオン護衛編を画像で紹介しようと思います。
前回と同じく色をつけておいたので見てみてください。

赤い線はタンクが行くルートです。これ以外にもいっぱいありますが、よく使うルートを書いてみました。
必ずしもこの通りに通るのではなく、現場で微調整をしながら、目指す方向という意味です。
そして、状況によってはその方向に進むだけではなく味方と合流するために違う方向に行ったり戻ったりもします。

青い点はタンクが拠点砲撃をするときによく使う場所です。ノーロックであったりロックしながらであったり。特に濃く広くしてある部分は特に重要度が高い部分です。

紫の線はタンクが雛壇にいるときに意識すべきラインです。そのラインを維持しつつ雛壇に敵を入れないように守りましょう。

緑の線はジオンから見て左にタンクが流れていく場合に意識すべきラインです。敵がタンクに近づく前に障害物のあるゾーンでクラッカーを当てて止めておきたいところです。

黒の線はジオンから見て右にタンクが流れていく場合に意識すべきラインです。味方タンクがビル上を移動している場合は足場を固めるように、地面を移動しているときはこのラインを死守するというのではなく、味方タンクの道を作りながらダメージを受けないようにフォローしましょう。


ジオンのタンクは右にも左にも抜けられるので、タンクは常にどちらへ抜けていくかを考えながら砲撃していくようにしましょう。そして護衛も味方タンクがどこへ行きたいのかを汲み取って移動先を決めましょう。
ジオンから攻めた場合にはビルやドームなどの高い建物が多いので、そこをタンクが使って守りにくい場合もあるかと思います。その場合は味方タンクに地面へ降りてきてもらうように言いましょう。

では画像をー。






また見づらかったらいってください。
自分でも色々試してみますのでー。

次回はこの知識を踏まえたうえでのNYの戦術になりますねー。
編成とか進軍ルートを含めて少し話そうかと思います。
でわでわ(=・ω・=)ノシ

NY連邦護衛編。(NYRジオン護衛編)

はいどーも(=・ω・=)ノ

今日はちょっと画像を使うお試しとしてNYの連邦護衛編について書こうと思います。
そもそも私はNYというマップはどちらの軍にも五分になるように作られていると思っています。
そのため、純粋な編成のぶつけ合いの相性や実力差がわかりやすいマップではないかと考えるわけです。

来週からNYになるので、ちょっと短い文章にはなりますが画像を使いながらお話しようと思います。


画像解説を先にすると

赤い線はタンクが行くルートです。これ以外にもいっぱいありますが、よく使うルートを書いてみました。
必ずしもこの通りに通るのではなく、現場で微調整をしながら、目指す方向という意味です。
そして、状況によってはその方向に進むだけではなく味方と合流するために違う方向に行ったり戻ったりもします。

青い点はタンクが拠点砲撃をするときによく使う場所です。ノーロックであったりロックしながらであったり。

紫の線はタンクが連邦から見て左側に行っている場合に意識すべきラインです。
まずクレーターに入るとき、この辺りで戦闘が起こるでしょう。ここを維持できれば味方タンクは砲撃できる、というラインです。

緑の線はタンクが連邦から見て右側に行く場合に意識すべきラインです。
味方を右に流すためにも敵前衛をここである程度くいとめておきたいところです。

黒い線は味方タンクが海の方へ抜けることができたときに意識すべきラインです。
ここから徐々にタンクのいる海へ寄るような展開になってしまうかもしれませんが、ここで食い止めた場合に味方タンクはとても楽になるというラインです。
しかし敵のリスタ位置に近いため、実際にはタンクが奥に行ったらもっと自分も海の方へ行ってもかまいません。


といった感じになっています。

では画像をごらんくださいー。





ちゃんと見れますかね??
もし何か調整して欲しいような要望があればまたこちらで対応させてもらいますので、コメントを残してくださいー。


これは、NYRだった場合はジオンでの考え方にも当てはまります。
それは個人個人で読み替えてみてくださいね。

編成とかオススメ機体、アンチ側のお話はまた次回に。
でわでわ(=・ω・=)ノシ


(追記)
もしかしたらケータイからだと画像が見れないかもしれないので、色々試してみます。



またもあれですよ。

はいどーも(=・ω・=)ノ
専ら前衛練習中のれいせんです。

こないだの日曜日に大会やってきました。
NYRの大会でしたが、特殊な作戦をやったのでそれを紹介しようと思います。

アンケートの中にも奇策の類を求める声もあったので、フルバースト限定で練習も必要になるものだと思いますが一例として見てもらおうと思います。
大会中の動画はアップできない約束になっているので、動画自体は大会後の店内対戦の様子になっています。


勘違いして欲しくないのは、この作戦が強いという意味で紹介しているわけではないということです。
変な作戦というのは、相手の虚をついてハマれば対応されずに勝ちペースに持ち込めるというものです。
つまり、相手が驚いて対応しきれない時にしか勝てません
冷静に対応されたら普通に負けてしまうようなものですので、毎回使うわけにはいかないのですが・・・オンラインの場合は一度しか遭遇しない可能性の高い相手と戦うわけなので、練習しておけば2戦のうち1回は使えるということになります。

それを含めて参考程度に見てみてください。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm7307020


とりあえずやってて面白いっていうのは間違いないです。

マップがここでメンバーがこれだから思いついて実行に移したわけなんですが。
どこの誰がやってもうまくいくような編成ではないので、真似するときは綿密な作戦会議ももちろん、自分達にそれができるかどうかもしっかり考えてくださいねー。

だんだん動画紹介コーナーみたいになってきてしまいましたが、NYが近いうちにあるのでNYに関してそれまでに書けたらいいなーと思ってます。

でわでわ(=・ω・=)ノシ



(追記)

私のPCからは動画見られるんですけど、見れない人がいるかもしれません。
またあとで見てみたら大丈夫なのかもしれませんけど、今見れなかったら一旦時間あけてくださいー。

ダウンロードまでできたので、身内には直接見せてあげられることはできます。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
戦場の絆DX 虎の巻
戦場の絆DX 攻略同人誌
【あんちょこ】
足跡
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM